エイジングケアってどうなの?エイジングケアってどうなの?

TOP PAGETOP PAGE > >> この頃では、オールインワン化粧品がすっか
この頃では、オールインワン化粧品がすっか

この頃では、オールインワン化粧品がすっか

この頃では、オールインワン化粧品がすっかりトレンドになりましたね。

その中でもエイジングケアのオールインワン化粧品に関しましては、各社とも惜しみない力を注いでいるようです。
成分としましては、コラーゲン、ヒアルロン酸、セラミドという保湿、保水に影響あるものがたくさんありますが、アスタキサンチに注目が集まっていることもあり、色の赤いエイジングケア化粧品が多くなってきています。



お肌にシミが多いと、年をとって見えてしまうでしょう。そもそもシミとは何なのかというと、肌の細胞の内で作り出されたメラニン色素が剥がれ落ちることなく、皮膚に残ってしまったものになります。お肌のターンオーバーを正常化することで少しはシミを目たたなくすることが可能となりますが、ピーリング(アルファヒドロキシ酸やサリチル酸などを使って、皮膚の古い角質層を剥がすことをいいます)で余分な角質を取り除くと、効果をより実感できることでしょう。

ですが、ピーリング(アルファヒドロキシ酸やサリチル酸などを使って、皮膚の古い角質層を剥がすことをいいます)による過剰なケアは肌に負担をかけてしまうでしょう。


アンチエイジングとは加齢と戦う抗加齢をあらわしていて、若返りと勘ちがいされがちですが、ただの若返りではなく加齢が進むのを抑え、実年齢より若々しく見せるという風に思った方が正しい考え方です。アンチエイジングは現在、基礎化粧品のみにとどまらず、サプリメントおよびホルモン治療の分野にも進歩しています。虫刺されの痕をずっと掻いていたり、風邪や花粉症の症状がある時に鼻を何度もかむと、そんな刺激によってすら、肌は薄くなっていきます。皮膚の構造として一番外側は表皮です。表皮は薄い層の重なりで、掻いたり擦ったりを繰り返すと、表皮の薄い層はすり減っていきます。表皮は皮膚のバリアです。バリアが薄くなるとその下の真皮までダメージが届く可能性が高まります。真皮までダメージをうけてしまうと、真皮は肌を支える力を失って、結果として肌にシワやたるみができてしまうのです。

シミをコンシーラーでどうにか隠沿うとし立ところ、む知ろ、シミが際立ってしまったことはないでしょうか?ファンデをチョイスする際は、地肌のカラーより明るいカラーを選択する人が多いですが、シミをわからなくするためにコンシーラーを購入する際、自分の肌より明るめの色を選ぶとシミがもっと際立ってしまいます。


シミを見せないためのコンシーラーの選び方は肌よりわずかに暗い色を購入してちょーだい。私は普通、美白に配慮しているので、時節を考えず一年中、美白タイプの基礎化粧品を活用しています。

これは活用しているのと使っていないのとではまったくちがうと思います。
美白タイプのものを活用しだしてからはシミやくすみがそれほど目たたなくなりました。

お肌のくすみを引き起こす要因として、過剰な糖分が起こす害を考えましょう。甘いものをたくさん食べる生活が続くと、自分に合った美白化粧品を使っていてもお肌がくすんで、黄ぐすみ状態になることがあるでしょう。お肌のコラーゲンが糖と結びつき、そのはたらきが弱くなっている疑いがあります。コラーゲンと糖から、老化の原因となる物質ができることをコラーゲンが糖化し立といいます。

老化を食い止めるためにも、甘いものを食べすぎないようにしてちょーだい。みかんなどの柑橘類はビタミンがたいへん豊富で、お肌の内部からきれいになり、シミを造らないためにぜひ食べて欲しいものです。


ただ、食べ方には注意しましょう。

朝からたくさん食べた後、強い紫外線を浴びると、ソラレンなど、柑橘類にふくまれる一部の成分が光や紫外線を敏感にうけ止めるはたらきをして、お肌のためには逆効果になってしまいます。お肌の負担を軽くするために、みかんを食べるのは朝より夜、といえるでしょう。洗顔するとき、ゴシゴシ洗うと乾燥肌にはすぐ傷がつきますから、優しく洗顔してちょーだい。



かつ、化粧水は手のひらにたくさん取り、体温で温めるようにしてから使うようにしてちょーだい。

温度が体温に近づいてくると浸透力がぐんと高まり、化粧水が肌に吸収されやすくなってきます。シミだらけのお肌になってしまったら、実際の年齢より老けて見られるようになります。歳を取るにつれて、皮膚の回復力が弱化していき、このくらい大丈夫と思っていた日焼けでも致命傷となってしまいますので、十分な日焼け対策が必要となります。キャップや日焼け止めなど、普段身に着けるもので紫外線を浴びるのを防ぐのに加え、トマトやキャベツといった食べ物によってビタミンCを、意欲的に摂りましょう。

関連記事




Copyright (C) 2014 エイジングケアってどうなの? All Rights Reserved.